スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥を求めて北海道・利尻へ、ドタバタ探鳥(時季外れの北海道その2)

ずいぶんと遅くなりましたが、やっとこさバイク旅利尻島編を書きました。

前回、稚内からフェリーで出発して、途中ウミネコを眺めながら約1時間半、利尻島と利尻山が目前に迫ってきました。
TIC_BLG0066.jpg TIC_BLG0051.jpg
フェリーから眺めると改めて利尻山を中心に出来ているのだと実感します。

そして鴛泊港(おしどまりこう)にバイクで上陸、まずは本日から3泊予定の宿を確認して通り過ぎながら姫沼へ。
姫沼へ向かう途中の展望から、鴛泊港と海の向こうに見える礼文島を眺め、まずは1枚。
TIC_BLG0052.jpg
この姫沼に向かう道路には道路幅を示すものにクマゲラ、フクロウの模型が張り付いています。
TIC_BLG0053.jpg  TIC_BLG0054.jpg
最初見たときは思わず、え?クマゲラ??と実物と勘違い、慌ててバイクを止めてしまいました。
で、見てみると模型じゃねーか!紛らわしいわ!と思ったのは私だけかもしれません。

そんなこんなで姫沼の周遊木道を1周して、すぐにまた走り出します。
本日は、島の観光地や探鳥スポットになりそうな場所を下見がてら島を1周見て回るつもりでしたので。

お次はオタトマリ沼。
TIC_BLG0055.jpg
利尻山の眺めが良いところです。観光客も利尻島の中では多いようです。

そして寝熊の岩、人面岩を横目に沓形(くつがた)から森林公園を少し散策、すぐに見返台公園へ。
ここで早速コマドリの鳴き声がそこかしこから聞こえてきます。
これは早速撮れるかなと期待しながらカメラを準備して近くで声のする方へカメラを向けて少し待ってみることに。
しかし声はすれども姿は一向に見えず。

まあ、これだけ鳴き声してれば明日は撮れるかなと安易に考え、本日はあきらめて海岸線の草原を鳥が居ないか横目に見ながらゆっくりと宿へと。
宿で風呂に入り夕食へ。
夕食にはウニとカニ一杯が。その後も3泊ずっと夕食にウニとカニ一杯が出てだんだんと有難みが・・・。
本日撮影した写真と利尻の地図を肴にビールを呑んで本日の旅は終了です。

利尻島2日目の朝。
早朝6時に宿で朝食代わりに準備して頂いたおにぎりとおかずを持って出発。
今日は昨日聞こえたコマドリの鳴き声に惹かれて見返り台公園で終日粘ることを心に決めて早速見返台公園へ。
TIC_BLG0056.jpg
到着後すぐから近くの藪の中からコマドリの鳴き声が。
カメラを準備して、藪の近くにある苔た岩が見えるところで待機。
しかし鳴き声は近くの藪のなか何カ所から聞こえるものの一向に姿は見えぬまま。

そのうちウソの鳴き声が近くから聞こえて探してみると木のてっぺんで寂しそうに鳴いていたのでとりあえず写真に納める。
TIC_BLG0057.jpg
そのうち暇をもてあまし、見返り展望台まで登るが鳥の声は無し。
また降りて元の場所で待機。

今度はカメラを持って近辺をうろうろしていると森の方から色々な鳴き声が。
よく探してみると、アカゲラ、シジュウカラ、シマエナガ(下写真)等が慌ただしく過ぎていく。
TIC_BLG0058.jpg
飽きずに待っていると、今度は雨が。
次第に強くなりどしゃ降りに。
とりあえず避難のためトイレ兼登山者の控え場所みたいなところで椅子に座って待つこと1~2時間。
雨が止んで今度は晴れ間が。

今度はだんだんと集中力が無くなり利尻山を撮影しながら待つことにする。
今度はエゾシマリスが、藪からひょこひょこと登場。
TIC_BLG0059.jpg
撮影していると団体の観光客が到着、近づいてきたため藪の中に逃げてしまう。
結局、コマドリはその後も見られず鳴き声だけが入った藪の動画撮影のみで撤収。

宿で明日はどうしようか思案しながら2日目は終了。

利尻島3日目の朝。
今日は姫沼で探鳥をしようと決め出発。
まずは沼の周囲の木道を1週してオシドリやカイツブリ、カワウ等をみながら登山路を登ってみる。
TIC_BLG0060.jpg TIC_BLG0061.jpg
登山路をゆっくりと登っていくと、ここでもコマドリの鳴き声はすれど姿が見えず先ヘ進む。

途中で雨が降りだし次第に強くなる。
しかし結構登ったので森の中で雨が出来るだけ落ちてこない場所を探して待機していると少しで止んでくれた。

再び森を上に向かってゆっくりと歩いて合計2時間ほど登ったところでコマドリの声が再び聞こえ声の方向で出てきてくれそうな場所を探して待つこと30分。
結局出てこないので、今度はゆっくりと下山方向へ歩き出す。

途中でシジュウカラと混じってアカゲラが。
TIC_BLG0062.jpg
とりあえず撮っていると同じ集団の中に小さく茶色い鳥がちょこまかと幹を移動しているのを発見。
ISO800程度ではなかなかSSが上がらず暗いなかしつこくならない程度に追いかけながら撮影、十枚近く撮影して何とか判別出来る写真が1枚。
キバシリだった。(お見苦しい写真で失礼します)
TIC_BLG0063.jpg
もっとISO上げて、がんばれば良かったと後悔しきり。
しかし初めて撮影した鳥だったのでこんなものかな。
勝手に納得して下山。

姫沼の駐車場について片づけようかと思ったが駐車場の前の森で鳥が飛んでいる。
よく見るとアカゲラが2~3羽、コゲラ、ヒガラ、アオジも居る。
一通り撮って、アカゲラをきれいに撮ろうと思い、がんばっていると土砂降りの雨が!

しばらく駐車場前のトイレ兼案内書のような場所で雨宿りをする羽目となる。

その土砂降りの雨の中をツーリングライダーは姫沼へ来て、素早く見て、早々に次の目的地へと向かっていく。
聞くと2日前からキャンプしてるが午前中の雨でなかなか観光に出かけずに過ごしてしまったため今日は雨でも強行して回って、
明日には礼文に行くとか言っていた。
雨でもめげずにキャンプする根性がないとキャンプツーリングは無理かななどと改めて痛感した。

さて雨が止んで、駐車場の前を見ると、ヒガラとアオジがヌレネズミ状態で居たのでパシャリ。
TIC_BLG0064.jpg TIC_BLG0065.jpg
その後、姫沼に戻るもオシドリしか撮れず。

あきらめて宿に戻り、晩酌兼晩飯を食べながら撮った写真を見ていると、どうにも解らない鳥が?
撮ったときは気にしていなかったが、改めて見ると「何じゃこら」というほど意味の無い写真となっている。
木のてっぺんに居て腕の悪さも手伝ってまともな写真が無い。おなか方向からの写真だけでは図鑑見ても判別つかず。
未だに解っていない。

今日で利尻島での探鳥は終わり翌日早朝からフェリーで稚内へと戻るのか~。と晩酌しながらコマドリという目的が達成できず何となくすっきりせず就寝。

翌朝、稚内到着後は、そのまま札幌へ行き一泊、そして函館、青森へと行き一気に横浜まで帰宅。
帰りをぎりぎりに伸ばしたので帰り道の探鳥や寄り道は無し。

結局あまり鳥果の上がらないバイク旅となり、しかもよく考えて見ると風景写真を撮ってない!
もともと風景写真が好きでカメラ買ったのに、風景撮影に使わないうちに今回は終わっちゃった。
広角レンズやらフィルターやら一通りの風景用装備も持っていったのに!
(まあ、良い風景写真を写せる腕とセンスもないのだが・・・。)

次回の北海道は鳥に捕らわれすぎないようにがんばろうと思っていたのだが、日々是また鳥撮りの修行に明け暮れている。

そんな懲りない自分を憎めないのだがおバカ旅でしたが、これにて北海道・利尻のバイク旅編は終了です。
最後まで読んで頂けた事に感謝します。

また懲りずに訪問して見ていただけたらと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

てぃーあいしーらんたーん

Author:てぃーあいしーらんたーん
主に神奈川に生息しています。
たまに北海道に生息している個体が目撃されています。


なお、ここにある写真は転載等によるこの場所以外での使用は、一切ご遠慮ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ここへの訪問者は
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。