昨日1月29日のとりとり成果。

昨日はとっても寒いと感じ、間違いなく池は凍っているだろうと予想しながらも、早朝から公園に出向くといつもの池は凍っていなかった。
でもカワセミは居ない。

そんななか湿地の方にはタシギ、ヤマシギが出現。
ヤマシギは、オデブちゃん1羽とスマートなのが2羽出てくれたが、とっても遠いので、ここで暴挙にでる。
300mmのレンズに2倍エクステンダーを2つ接続。換算1200mmで撮影。
しかもその写真を、さらに4分の1程度にトリミングしたのが下の写真。
TIC_BLG0096.jpg さすがににじみ気味。
ちなみにこのヤマシギはオデブちゃんなため立ちぎみにならないと体のバランスが取りづらいんだと勝手に思ってる。この写真で見て、なんでこんなに立ち上がったようにして留まってるのかと思った。

で、お次はいつものルリビタキくん。
まあ人慣れしすぎたのか、こちらからいきなり近づかなければ、向こうから寄ってくる事。
なので、近くで撮った写真を、さらにトリミングでアップにしてみた。
TIC_BLG0097.jpg
でも瞳に写る景色(たぶん写っても青空と自分たちカメラマン程度だが)までは写し込めなかった。
ただ、いい加減、写真の枚数が増えてどうにもならないのでドアップ以外は撮らないようにと、今は思っている。
でも当日になったら忘れて、懲りずに撮っているのだろうが。

その後に再度、カワセミチャレンジと思って池に行くとカワセミは居ないアオサギが羽の虫干ししてた。
TIC_BLG0098.jpg
写真撮ろうとしたら「何みてんだ!」くらいに睨まれた。

そしたらとりとり仲間から電話で「カワセミは別な池で今ホバリングしてるよ」と連絡がある。
その池でカワセミの飛んでいる写真を撮ろうと思ったがシャッタースピードが上がらず、マニュアルでISO1000、シャッタースピード1/1000でチャレンジ。

しかし反射神経が悪いのか、うまく撮れずにあきらめる。
そして帰宅後に、その条件で撮った止まりのカワセミ写真を見て少し驚く。
TIC_BLG0099.jpg この写真は50%ぐらいにトリミングしているがISO1000だからもっと"べたっ"とした写真だろうと思っていた写真が思いのほか良く写っていた。
今までISO800を上限に、それ以上は動画の時以外はまともに使った事がなかったのだが考え方を改めなければ。
太陽光がある程度あればシャッタースピードを上げるためのISO1000は意外と良いと今更ながらに気づいた。

こんな調子で、まだまだカメラ機能の入門付近で、四苦八苦している。
お次は今更だが、少し撮影環境とカメラ設定を試してみようと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

てぃーあいしーらんたーん

Author:てぃーあいしーらんたーん
主に神奈川に生息しています。
たまに北海道に生息している個体が目撃されています。


なお、ここにある写真は転載等によるこの場所以外での使用は、一切ご遠慮ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ここへの訪問者は
検索フォーム
リンク