スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日帰り遠征

この前の土曜は、予定通り鳥仲間と共に遠征に行って来ました。

まずは原っぱですが、カッコウがつがいで飛び回ってます。
しかし遠くの木にしか止まってくれません。
TIC_BLG0231.jpg TIC_BLG0232.jpg

お次は真上の木に留まってくれたオオヨシキリと田んぼの中でさえずるコヨシキリ。
TIC_BLG0233.jpg TIC_BLG0234.jpg

お次は田んぼで風に吹かれてなかなか前に進めないタヒバリ。
TIC_BLG0235.jpg
そして、せっせとエサを運んだり食べたりのノビタキのつがい。
TIC_BLG0236.jpg TIC_BLG0237.jpg TIC_BLG0238.jpg
結構な枚数を撮ったのだが光が強いためコントラストが強いため思いの外、まともな写りの写真が少なかった。

そして湖畔近くの公園を経由して水場に移動。

夕方近くな事もあり他に3人しかいない。あまり鳥が出て来ないので、その3人も徐々に撤収。
仲間4人になり、まもなくキビタキメスが最初に登場。その後ミソサザイも親子で近くに登場。
TIC_BLG0239.jpg TIC_BLG0240.jpg
待っているとキビタキのヒナ?(オス)やらメスやら混浴で水浴び。
TIC_BLG0241.jpg
他にメジロやシジュウカラ、ヒガラ等も登場したが撮ってない。

ここの水場は夕方近くということもあるので暗いんです。
なので、キビタキでEOS5D3のISO3200とISO6400の比較テスト用に撮影にチャレンジ。
TIC_BLG0242.jpg TIC_BLG0243.jpg
この写真はRAWデータをシャープネスやら明るさやらNRやらを自分で調整して、50%での表示(横3200ドットの切出しを1600ドットに縮小)にしたもの。

結論から言うと、自分にとっては使い方しだいでISO6400も十分に使えるかと。
ただしRAWデータ出しにしてパソコンで自分でシャープネスやらNRを調整してJPEGにするのがおすすめ。

まあ状況によりSSをどうしても稼ぎたい時は有効だという程度で、積極的に使うというレベルでは無いですね。
そういう意味ではISO1600までなら積極的に使えるかな。

大きな鳥果は無かったけど、やはり鳥が出て撮影している瞬間は楽しいもんで、また撮影した写真をわくわくしながらお家で見ている一時も幸せなもんです。

雑な報告ですが眠いのもあり本日はこんなところで失礼します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

てぃーあいしーらんたーん

Author:てぃーあいしーらんたーん
主に神奈川に生息しています。
たまに北海道に生息している個体が目撃されています。


なお、ここにある写真は転載等によるこの場所以外での使用は、一切ご遠慮ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ここへの訪問者は
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。